文楽補完計画



《 其ノ一  現行通し狂言『仮名手本忠臣蔵』を名実ともに【決定版】にする 》
《 其ノ二  二世古靱太夫・三世清六の「六段目」−音曲の司たる義太夫浄瑠璃音楽の神髄− 》
《 其ノ三  『一谷嫩軍記』二段目「林住家の段」の夢幻浪漫を追体験する−忠度の腕塚堂のこと− 》
《 其ノ四  「引窓」論−二世古靱太夫の浄瑠璃による− 》
《 其ノ五  「吃又」の真実を津大夫寛治の奏演に聴く−名が実をあらしめる− 》
《 其ノ六  菅原道真公 御昇神 千百年紀 『菅原伝授手習鑑』 》
《 其ノ七  四世越路大夫と二世喜左衛門による芸術−「埴生村」のこと− 》
《 其ノ八  「竹中砦」の面白さ−刷り込みから目覚めること− 》
《 其ノ九  「壬生村」に寄す−廃絶から継承へ− 》
《 其ノ十  「桜鍔恨鮫鞘」に関する三つの疑問 》
《 其ノ十一 「沼津」音源比較 》